YOSHINOBU ENDO

システム開発部 部長遠藤 宜信

文系卒、IT知識ゼロ、タイピングもままならず、、、

 入社前は、全く別業界でパソコンに触れることもない仕事をしていました。
 20代後半からのIT業界デビューは、プログラマとしての立ち上がりには大変苦労をしました。最初は技術面で周りに追いつくだけでも一苦労でしたが、技術を身に着けた後は、応用をいかに早く習得するかという自分との闘いになりました。
 技術者としての階段が目に見えてくるので、階段は早く登ってしまった方がいいと思い、日々学習を積んで業務に活かしてきました。

一極ではない、全景を見ながらの開発が、アクテックで仕事をする醍醐味です

 現在は、企業様の経営課題から情報化・システム導入のコンサルティングを主に業務をしております。
 アクテックの開発は、戦略から情報化構想支援(コンサルティング)、システム開発・導入をし、効果検証まで一貫しておこなっているので、“システム開発の一部分”ではなく、全てをゼロから100まで開発をしていきます。
 責任はもちろん重いですが、チーム一丸となり、システム開発をおこない、お客様から実運用の声を直接聞かせていただき、信頼を得られることは技術者として大変光栄です。

日本が世界に誇る技術を
ICTで支えるのが私たちの役割です

関西を代表するグローバル企業へシステム提供をおこない、日本の大事な技術を守っています!

 アクテックの培った高い技術力・業務システム構築実績を提供することで、世界的に活躍をしている技術を情報化面で支えていくことが、役割だと思っています。
 コンプライアンス面等でオンライン化のできない業務も多々あり、お客様の要望に沿ったオリジナルなシステム開発も多くしております。外からは見えない他業界の中身を知り、システムを通して、企業・業界を支えていることは、とても誇れる仕事ですね。
 

企業と共に成長するビジネスパートナー

 アクテックは、最適なソリューションの提案と構築、適切なビジネスモデルをお客様と共に考えています。
 ICTによる生産性向上が必要不可欠な昨今、自社企業内だけではシステムが作れなかったり、先端技術が導入できないとよく相談を受けます。
 アクテックの技術力で、システム再構築やデータ分析・データ作成等をおこない、企業として共に成長を実感できることが、我々の大きな喜びの一つです。

YOSIHNOBU ENDO

社内・部内の風土作りに力を入れています

 システム開発部は、みんながより気軽に話せる雰囲気を作ることに気を配りました。Slackも英語版しかなかった頃から導入しています。ちょっとしたことや、メールで聞きにくいことも、声をあげれるようになり、非常にフラットな組織作りの一因となったと思います。
 

システム開発部は年の近い社員からリーダーまで様々な年齢層でチーム編成をしています

 アクテックは、競い合うというより、お互い協力し合って、成長をしていく風土です。自分を含め、文系・未経験から立ち上がり、リーダー・管理職になった社員もたくさんいます。みんな苦労を重ねて成長をしてきたので、入社後は、そんなリーダーと一緒に学習計画を立てたり、サポートをしていける環境にしています。
 また、年の近い社員も大勢在籍しているので、お互い助け合って、各業務に臨んでいます。
 1年を通してどのように成長をできたか可視化できる評価をしているので、自分の頑張りがよく見えるのは好評です。

求人採用エントリーはこちらから

募集要項